転職することはメリットなのかデメリットなのか

転職についてのアドバイス
Free-Photos / Pixabay




転職はメリットなのかデメリットなのか

「転職に関して、メリットもあり、デメリットもあります。」というのが私の率直な答えです。

私の場合、転職を7回ほど行っているのですが、すべてがメリット、すべてがデメリットというわけではありません。

一度は、誰もが転職をやってみたいと思う時期があるのではないでしょうか。

逆にずっとひとつの会社で、定年まで働きたいという人もいるでしょう。

どちらにしてもつらい時もあれば、楽しい時期もあります。

私が最初に入社した、ファーストフードの会社では、同期に30人くらい入社しましたが、今現在残っている同期社員は2名です。(といっても、もうすぐ50歳ですが)

ほかは、みんな転職し、頑張っています。もちろん残ったメンバーも全員が出世しているわけでもなく、様々です。転勤などで異動したものもいます。それはそれで大変そうです。

今でも、その仲間たちと情報交換ができることは、すばらしいことだと思っています。

 

転職が貴重な経験に、メリットは。

転職組は、様々な職種についています。しかし私のように7回も転職したものは、さすがにいないと思います。そういう意味では、私の経験も貴重かつ役に立つのではないかと思います。

さて、転職に際して、メリットからお話しましょう。

メリットはやっぱり昇給昇格ではないでしょうか。

ずっと同じ会社にいても、なかなか給料もポジションも上がりません。

給与は、一気に上げることができます。またボーナスも比例してあがります。

特に、小さな会社から大きな会社へと転職をすると、給料は大幅に上がったりします。

ポジションは、部長クラスまであげることができます。運が良ければ、取締役というポジションにも行けます。

会社の規模はそれぞれですが、ポジションはかなり重要です。

今まで知り合うことがなかった人たちと会える機会が増えるからです。

かつては、出ることができなかった会議に参加できたり、いままで入ることのできなかった場所に入れたり、いままで経験できなかったことができたり、それなりのビジネスマナーを取得できたり、メリットがすごくありました。

そういう人たちと出会うとパワーをもらえるし、やる気も沸いてきます。

この出会いが、ビジネスにおいて、すごく重要になってきます。そのポジションで知り合った人たちと仕事をすると、すごく仕事のテンポが速くなります。

皆、それぞれが決定権を持つ人ばかりなので、話が早いんです。

その反面、少し調子に乗りすぎたりします。

私の場合、転職により「やる気」が、あふれ出し、もっとやれるんじゃないかという勘違いになってしまいました。自分の位置をしっかりと見極め、決しておごることなく、謙虚にすごしていればよかったものの、少し天狗になってしまい、違う会社にいい条件で誘われると、すぐに転職してしまったのです。

これも経験したから言えることなのであって、転職したことを後悔しているのでなく、転職をするならば、もう少しじっくりと考えてから、転職をしてもよかったのかな・・・と思ったのです。

ついつい給料に目がくらみ、即答で、転職を考えて、実行してしまいました。

その結果、転職先での仕事と私の相性があまりよくなく結局すぐに退職してしまいました。

給料はあがるとうれしいですが、その喜びは、一時的なものではないでしょうか。仕事がいやになったとき、この給料の額は、ほとんど役に立ちません。

まとめ

つまり、人間やっぱり、お金より精神的な安定を求めたほうがいいですね。その次にお金です。

私が、転職で経験したことのひとつです。

 

本日のおすすめ転職サイト

株式会社パソナ パソナキャリアカンパニー

いますぐ転職を考えていない、 自分の興味のある分野の求人情報は知りたいが探すのは面倒、 そんな方にオススメのサービスです。

登録するだけで自分の興味がある求人情報をフィードで手軽に見ることができるので、 転職意志がなくても、まずは情報収集をしたいという方にオススメです。

VR・IoT・FinTechなど検索では見つからない求人をフィードでお知らせします。 転職のプロからのオファーなど「いいところがあったら転職したい」エンジニアのための、 新しい転職サービスです。

(1)エンジニアのサービス思考に合わせた求人をフィードで配信

・マッチング条件を登録することで、レコメンドエンジンが最適な求人を紹介

・気になる求人をチェックするだけで、求人の特徴をフィードで見ることが可能

(2)AI・IoT・FinTech・

・様々な業界で活躍できるエンジニア求人情報

・パソナキャリアの総合力を活かし、IT専門転職サイトが提供できないような業界の求人情報を網羅 ・言語・環境の他、企業文化・ワークスタイルなど、エンジニアが必要とする軸での求人検索機能

(3)エンジニアの知見や可能性を広げる情報提供(週1本)

・「IT×〇〇」を見据えた応用技術の最先端およびその周辺の話題を取り上げる

・次世代技術を応用した今後のエンジニアキャリア構築を切り開いていくきっかけを提示する

・エンジニアキャリアの多様性を伝え、求められる人物像のヒントにつなげる

(4)エンジニアスキルの可視化(コードクエスト)

・売り手市場にもかかわらず自身のスキルが他社で通用するか不安なエンジニアに対し、  楽しみながら自身のスキル把握を実現

コメント

タイトルとURLをコピーしました