履歴書のココを質問されます その時の答え方は

転職についてのアドバイス
geralt / Pixabay




 

履歴書を読まれているときは、ドキドキします

人事担当者に、自分の書いた履歴書をじっくりと読まれている間の緊張感は、半端ないですよね。

いったいどんな質問が来るのか、こちらもある程度は、武装して面接に挑まなくてはなりません。

特に、履歴書の中に「弱点」がある人は、しっかりと対策を立てていった方がいいと思います。さもないと、回答にしどろもどろになり、何を答えたのかさえ、覚えていないということになります。

転職回数が多いですね

転職回数が、数回ある人には、必ずといってもいいほど質問される内容です。

ここで、絶対に答えてはいけない対応は、転職の回数の多さを人のせいにしないということです。

「入った会社が、自分の思った会社と違った」とか「入った会社が悪かった」など、人のせいにしてはいけません。

それよりも自分で反省すべき点は、きちんと反省し、今の前向きな気持ちを伝えるといいと思います。

「以前は、何をしたらいいのかわからなかったのですが、それを見極めるのが早く、転職を繰り返してしまいました。もっと腰を落ち着けて仕事と向き合い、本当に自分に合う仕事かを判断できればと思います。この年になって、ようやくやりたい仕事が見えてきました。それに伴い、御社でお世話になりたいと思います。」などど、前向きな回答をすればいいのです。

 

このブランクの期間は、何をなされていましたか?

仕事をするうえで、転職がうまくいくとは限りません。時には仕事もなく、ぶらぶらとしている期間もあると思います。

そういうブランク期間は、履歴書を見ればすぐにわかってしまいます。

もし、このような質問がきたときは、どうすればいいのでしょうか?

誰にも言いたくない、病気などで入院歴があるときなどは、誰にも迷惑をかけないのであれば、「資格試験に向けて勉強をしてました」というのも一つの方法です。

なるべく本当のことを言った方がいいのは確かです。会社との今後の信頼関係もありますし。転職という失敗や挫折を糧に、今のあなたが何をしたいのかを、人事担当者は知りたいだけなのです。

仕事がないのでアルバイトをしている期間があったとしても、自分にどんな仕事があっているのかわからず、自分に合っている仕事を見つけるために、短期のアルバイトを数多く経験してみたこと、その中から、自分に合う仕事、合わない仕事を見つけることができ、その時の経験から自分は、販売の仕事に向いていると判断しました。などと答えると、前向きな回答ですね。

他にもいろんな質問が来ますが、それはまた明日、回答例も含めてご説明いたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました