転職 年齢オーバーでも応募ができるのでしょうか?

転職についてのアドバイス
geralt / Pixabay




 

転職をしたいと思う企業があるが、年齢制限がある

今日は、久しぶりに転職ネタを書いてみたいと思います。

この転職ネタ、ブログのアクセス数は、かなり伸びません。(笑)人気がないようです。

しかし、アラフォー(40代)、アラフィフ(50代)、アラ還(60代)の人たちが転職をしようと思えば、必ず参考になる記事だと思います。

そういうわけで、今日は、応募したい企業が見つかったのだけれども、果たして採用してもらえるのかどうかということについて、書いてみたいと思います。

私は、アラフィフ(50代)ですが、現在田舎暮らしをしてます。これまでに何度となく転職を繰り返してきました。

私自身、誘われて転職するパターンが多かったために、年齢制限に合ったことは、一度もありません。

しかし、私の友達の中には、見事に年齢制限を「無視」して採用を勝ち取った人がいます。

その人の転職話をお聞かせいたします。

その人は年齢が、5歳ほどオーバーしていたのですが、一応面接を希望するべく履歴書を送ることにしました。

ダメでもともとという開き直りもあったのですが、数社は、年齢制限なのか、その他の理由なのかわかりませんが、不採用になってしまいました。

しかし、最後には、年齢制限を「突破」して見事に転職を勝ち取ったのです。

この人が、履歴書などで訴えたことは、転職先の仕事の内容に対して、自分自身がどれだけ貢献できるのかということを、ひたすら記入したそうです。

採用する会社の方も、一応の年齢制限は、あるものの、これだけ興味を惹かれる人材に一回は会ってみたいと思ったのでしょう。

年齢制限なんて、本当にその人が、会社にとって必要な人材であれば、60歳であろうと70歳であろうと、会社にプラスになる人材かどうかの判断基準というだけであって、募集した要件から外れているかどうかなんて、実際に欲しい人材であれば、そんなことどうでも良くなるようです。

年齢制限など、ただ、断るときの理由に使われるだけなのです。

会社も、一応受け取った履歴書の中身は目を通します。(最低でも年齢は確認しなければなりませんので)

その中で、その人の職務経歴や経験の欄にふと目がいき、読ませるような内容であれば、もう年齢制限など関係なくなるのです。

相手が興味をひくような人材であることが、大事なのです。年齢制限があったとしてもダメもとです。

まずは履歴書に、年齢に負けないような迫力をもって、自分自身をアピールしましょう!!

※履歴書はすごく重要だということが、ここでも証明されていますね。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました