ブログは何でも書いてよいのだが責任を持って記事を書くということ

ブログに関すること
janeb13 / Pixabay




ブログは何でも書いてよいのだが

ブログは、自分の好きなこと、興味のあることをかいてかまいません。ただ、その情報にうそがあってはいけません。

というのも検索サイトからやってくる人の多くは、何かしら問題を抱えているのです。問題といってもそんなに大げさに考えないでください。

あれが知りたい、これが知りたいというのもある種問題を抱えているわけです。

検索する人は、近くにそのことを知っている人がいない、人に聞くことは恥ずかしい、深刻な悩みを抱えているなどの人がいると思います。直接お話できれば、なんとなくニュアンスでわかるのですが、文章ではなかなか伝わらない時もあります。そこから誤解を生む場合もあります。

深刻な問題、デリケートな問題をテーマにブログを書くのであれば、しっかりと自分自身が勉強して、責任を持った記事を書くことをおすすめします。

 

軽い検索も増えてきています

ちょっと気になったことを調べてみたりする人も、多くなってきています。テレビでちょっと話題になった商品などは、その直後からインターネットでの検索数がぐーんとあがります。

旅行番組などでは、その場所を中心とした観光地、温泉、宿泊施設までもが検索されるようになります。

このようにちょっとした調べ物に検索サイトが使われることが増えています。

このような軽い検索から、自分のサイトを見つけもらえることができたらラッキーです。

そのページで紹介されている商品をあってもらえる場合もあります。

そのときの話題の人や物をブログのネタの中心として書くことで、一時的にアクセスがあがることがあります。

しかしこの軽い検索で、来た人は、長続きがせず、そのときだけのアクセスになってしまいがちです。

また訪れてくれるようになってもらえる人は数パーセントだと思います。

話題になった物や人物でブログを書きアクセスをあげる場合は、いつも旬の話題を取り込み、最新の情報で書き続けなければ、ならないというデメリットもあります。

検索で来てもらった人をいかにリピーターにするか

理由はともあれ、一度きてくれた人を、いかに自分のブログのファンにするかが、難しいところです。自分と価値観が会えば、それなりに来てくれるでしょうが、思った内容と全く違うブログの内容だったとき、その人は、再び来てくれることはないでしょう。

本来のブログのテーマからずれないように、いかに集客し、リピーターを増やすようなブログをかけるかが、ブログを書く手腕となります。

 

ブログのデザインはどうすべきなのか?

はっきり言っておきますが、ブログはデザインではありません。確かに大事な要素のひとつですが、もっと大事なことは、ブログの中身であることを忘れてはいけません。

ブログの初心者に良くありがちなことに、ブログのデザインに懲りすぎて、疲れてしまい、ブログを書くことが目的ではなく、ブログのデザインを作ることが終着点となることがあるからです。

確かにこれからかき続けるブログですから、自分で納得できるデザインにしたいと思いますが、最初のうちは、あまり懲りすぎないようにしてください。

まずは、記事を書くことを考えてください。ある程度記事数が増えてきたら、デザインを考えるようにしてください。

デザインはわかりやすいものに

複雑なデザインのテーマは、たくさんありますが、初心者のうちは、シンプルなデザインのほうが、管理しやすく見やすいものです。

私の場合、ひとつの記事を書いてみて、いろいろなワードプレスのテーマをためしてみて、最も見やすいものに決めました。

ワードプレスは、自由に色や文字、写真などを入れることができる反面、あまりやりすぎるとごちゃごちゃになったり、読む人にとって見にくいデザインになったりすることがあります。

文字は大きく、文字色ははっきりと

私のようにアラフィフ(50歳前後)以上の世代になると、老眼がすすみ小さい文字が見づらくなります。そこで小さい文字で、びっちりと書くよりも、少し余裕を持って、レイアウトがおかしくならない程度の大きさの文字の大きさを選ぶといいと思います。

普通は、初期設定のままの大きさでかいてみるといいと思います。それを見て、自分が見やすいのか、見にくいのか判断してくれればいいともいます。

文字色にも少し気を使ってみてください。同系色の背景と文字では、見た目が格好いいかもしれませんが、色覚以上がある人が見ると、少し醜いかもしれません。

色の組み合わせによって、ほんとに見づらいものや、ずっと読み続けると目が疲れてくる、色の組み合わせなどは、避けるのがいいと思います。

文字サイズや色使いもデザインなのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました