田舎に住みたくなるタイミングはいつ?どんな時?




田舎に住みたいと思う瞬間は誰もが持っていると思います

大都会の中で、日々頭を回転させ、その時その時を瞬時に判断し、また常に時間を意識して、できるだけ早くいい結果を出すことを目指している、バリバリの会社員の皆さん。

さらに通勤に何時間もかけて、睡眠時間を削って、頑張っているお父さん。

きっと神経が休まる暇もないでしょう。私もそんな時がありました。

仕事を終えた後は、それが1日の終わりであれ、1週間の終わりであれ、または、大きなプロジェクトが一区切りした時であれ、心身ともに疲れ切っているのではないでしょうか。

目標の達成やプロジェクトの成功など、成果を挙げることができれば、少しはホッとできるのでしょうけど。また次の目標を与えられ、次のプロジェクトをまかされ、ゆっくりするときがありません。

もし、仕事をし続け、精神的にもまいってしまい、欲求不満がたまってきたときには、とてもつらい状態に置かれてしまします。そんな状態が続けばうつ病などを発症しかねません。

そんな時こそ、暇を見つけて田舎へ行ってみたりしてください。

それが日帰りであれ、一泊二日の旅行であれ、普段の生活とは、全く違った世界がそこには展開されています。

田舎といっても、だれも住んでいない田舎などではなく、山のふもとにある、温泉宿などでも十分です。

人が作ったものは、ほとんど見ることもなく、車の音も、救急車の音もそこにはなく、風の音、鳥の鳴き声が聞こえてきます。ゆっくりと温泉に入りましょう。

自然の中に身を置くと、食べるもの、見るもの、触るもの、嗅ぐものすべてが新鮮に感じられます。いつも食べているものが、自然に囲まれて食べると、いつも食べているものとは思えないほどおいしく感じたりします。

五感が敏感になり、本来人間が持っている野生の本能を取り戻します。

また感情や感性も敏感に反応し、それがとてて心地よく、リフレッシュさせられたと感じるのです。

大自然の中にいると、時間がゆっくりと進むために、だんだんと気持ちも落ち着いてきます。そうするといつもは、振り返ることのない自分の行動や、いつもは客観的に見ることのない普段の自分の振る舞いを改めて、振り返る時間が与えられます。

その時にふと、あくせく働いている自分のこと、何のために働いているのかと、考えてしまうのです。

そこには、すごくに人間性が欠如している場合があることに気が付いてしまうのです。

そんな時に、田舎で生活をする、田舎で生活がしてみたいという気持ちが、どんどん湧き出てくるのです。

この瞬間が田舎暮らしがしたくなる瞬間です

急に仕事を辞めて、田舎暮らしがしたくなったりするのもそのためなのです。

田舎には、人生を変えるほどの力があるのです。

癒されたい方は、ぜひ田舎へ旅行してみたはいかがですか。

ゆっくりと温泉に入りましょう。そしておいしいものを食べて明日への活力へと変えてきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました