お金を稼ぐセンスとは、いつ身につくのか

仕事について
pasja1000 / Pixabay




自分には、お金を稼ぐためのセンスがない

 

サラリーマンを何十年とやってきて、転職を繰り返すたびに給料は上がったり下がったりを繰り返します。

結局、今は大学を卒業し、新入社員として入社したときよりも給料が安くなってしまいました。(笑)

 

転職することは、ある意味、自分自身への挑戦であり、恐怖もあったが、将来への期待が大きく膨らみ、それにかけてみようと思うのでした。

 

その期待の大きさから、その仕事内容について期待も大きく、また見返りも多く望んでしまいました。

その結果、転職を繰り返し、より良い条件へと移ったのである。

 

でもある時ふと気づいたのでした。

それは、仕事が、毎日深夜まで及び、おまけに、何のために仕事をしているのかわからなくなり、このときは、本当に苦痛でした。

またその仕事に対する興味も目的もはっきりと自分の中で設定できなかったことも大きいと思います。

その興味と目的がない状態で、いくらたくさんのお金を頂いても、つらい毎日は、そんなことでは解決されません。

そこで、いわゆるエリートサラリーマンから脱落し、給料は、安いが自分を求めてくれる職場へと異動するのです。

 

確かに給料は半分くらいになりましたが、そこはすごく居心地が良く、自分に合っていました。そうしてそこで頑張っているうちに、また違う仕事、職場から声をかけられるようになりました。

 

自分には、少し合っていない職種と、単身赴任による異動もあったのですが、期待されて行くということと、この世の中の情勢で、わざわざ誘ってくれてこんなチャンスは、もう二度とないと思うのでした。さらに、自分自身を過信しているところもありました。

ほいほいと転職を決め、なれない地でなれない職場で、頑張っていましたが、ここでも興味のない仕事と、目的が無かったため、結局は、自分自身の首をしめてしまうことになったのです。

 

仕事へ行っても何をしていいのかわからない。

この先、何をどうすればいいのかビジョンが全くない。

周りからもだんだんつらくあたられるようになり、仕事もなくなり、することがないのです。

自分は、本当はなにも出来ないんだなと初めて感じました。

 

サラリーマンを始めて、一番つらかった時期ですね。

頑張ってみようと、常に前向きに仕事はしていたのですが、とうとう限界が来て、退職させてもらいました。

 

今は、大学の初任給くらいでボーナスもなしという環境で働いていますが、毎日わくわく働き、休みもないですが、いままでで、一番サラリーマンとは、程遠い働き方をしています。

休みはないのですが、いつ休んでもいいし、いつ早退してもかまいません。

 

平日にゴルフに行くこともできます。

仕事をするときにはする。といったスタンスです。

 

もはやサラリーマンではなく、自営業に近い働き方です。

 

働くことは、楽しいのですが、どうしても収入が上向いてきません。

はっきり言って、お金を稼ぐセンスがないのでしょうね。

 

一度歯車が合えば、がーんと収入も増えるのでしょうが。

 

その時まで、もうしばらく待ちましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました