転職時の賃金交渉は、いつするべきなのでしょうか

転職についてのアドバイス




転職を何度も繰り返してくると、賃金の交渉のタイミングもなんとなくわかってくるようになります。

転職雑誌などで、幹部候補募集、給料20万円以上と書かれているのをよく見ることがあると思います。

この場合、給料は20万円だと思って間違えないです。

雑誌を見て、自分で転職先を探す場合は、最低ラインからのスタートになります。

中には、あなたの年齢ならば、このくらいという基準のある会社もあります。がそういう会社は、出入りの激しい会社に多いですね。辞める人が多い会社や中途入社が多い会社は、案外、高額な給料を提示してくれる場合があります。

さて、給料の交渉ですが、交渉していい場合と購入してはダメな場合があるのをまずは知っておいてください。

まずは、交渉をしてもいいパターンですが、この場合は、あなたに何らかのスキルがある場合や、自分が商品を販売できる多くのお客さんを持っている場合です。

この場合は、転職先の会社も、あなたのスキルや、あなたが連れて来てくれるお客さんを喉から手が出るほど欲しがっているかもしれません。

そんな場合は、強気に交渉しても、OKです。

保険などの営業職だと、あなたが入社するおかげで、あなたの家族が、あなたの勧誘によりあなた自身をはじめ家族が保険に加入してくれさえすれば、十分にあなたの給料分を取り戻すことができます。

保険の外交員などが中途採用でも給料がいいのは、こういった事情があります。

しかし、あなたにスキルもなければお客さんも、人脈も何もない状態であれば、給料の交渉のしようがありません。

ましてや異業種などであれば、まずは給料ももらいながら勉強をする立場です。そんな時は、会社にとっても何の戦力にもならないわけで、むしろ給料をもらえることが不思議なくらいです。

そのような時は、給料の交渉はできません。というより「しちゃダメ」です。

給料に関して、いつお金の話を切り出していくのかという事ですが、面接であれば、まずは、相手に私の年齢で、他の従業員はだいたいいくらくらいもらっているのかを聞くのがいいと思います。

そこから、自分のスキルなどを照らし合わせて、給料の交渉に入る方が安全です。

できれば、役員面接の前の面接で、交渉するのがいいと思います。役員面接では、お金の話をしてもしょうがないし、入社してからでは遅いので、最後から2つ目の面接くらいで、交渉するのがいいともいます。

私も、そのタイミングで、交渉させていただきました。

もし、就職エージェントなどを介して就職を探して、紹介してもらえるならば、就職エージェントにすべて交渉を任せるのもひとつの方法だと思います。

お金の話は、なかなかこちらから言い出しにくいですす、お金のために、転職するのかとも思われたくないし(面接では御社の経営理念に惚れて・・・など言ってたくせに)。

エージェントもできるだけ高い給料で紹介する方が、自分たちの報酬もアップするので、頑張ってくれます。

お金の話はデリケートなので、入社後のもめることもしばしばあります。

そんな時のことも考えると、エージェントを通して転職することもスムーズに転職できる手段のひとつですね。

転職におすすめのエージェントをいくつかご紹介します。

 

昔は、「リクルート」などの大手が、すべての業種のエージェントをやってくれていましたが、最近の転職エージェントは、業種ごとに細分化されています。

それだけ、ニーズが多いのでしょうね

 

■「MC-ナースネット」は株式会社メディカル・コンシェルジュの看護師・保健師求人サイト

全国22拠点で展開しているため、都市部はもちろん地方ニーズにも対応しており、
求人数も20,000件以上と豊富です。会員数は180,000人を超え、年々その伸び率は増えています。
看護師さんに特に人気のあるツアーナース・健診などの派遣案件、
夜勤の無い企業求人が豊富で良質なものが多く、保健師においても企業や学校の案件が多くあります。
単発スポット、派遣、非常勤、常勤とライフステージに沿ってご希望の条件も変化する中で、
当社にしか出会えない多種多様の種類の案件を所有していることで、様々な働き方が提供できます。

■新サービス「タクシー体験入社.COM」

★今までの採用の形とは全く違う新サービス!
★求人業界全体で見ても、体験入社に報酬を払うという事は非常に珍しいので多数の応募件数が見込めます!

常に人材が不足しているタクシー業界ですが、タクシードライバーのお仕事自体が多数の不安要素を抱える職種です。
その不安を払拭する為に「面接前に体験入社」をしてもらい、更に「報酬を渡す」事で多くの人にタクシー業界を知ってもらおう!をコンセプトとしています。

求人情報だけでは伝わらない「業界の魅力」「会社の魅力」「実際の仕事風景」などを「自分の目で見て体験・知る」事が出来ます!

■保育士のための転職サービス「ほいぷら」無料相談

2018年で創業21年となり、人材紹介、人材派遣サービスにて
全国の業界大手のクライアント様の求人を取り扱っています。
20年以上の実績があるからこそ、多数の案件の中から
正社員・派遣社員など柔軟な働き方を選ぶことができます。

2.
派遣登録者総数「45万人」※2018年3月時点
多くの保育士さんとお付き合いしているため、
通常の人材紹介会社は知らない、園の中の情報をよりリアルにお伝えできます。

3.優良派遣事業者に認定されています。
全国の人材派遣会社のうち、およそ1%程度しか認定されていない
「優良派遣事業者」の認定を受けています。

■『リクナビ』『リクルートエージェント』でお馴染み。
リクルートキャリアが運営する既卒・フリーター向けの就職相談(求人紹介)サービスです。

【リクルートグループの他サービスとの違い】
就職相談を受け、求人を紹介するサービスです。求人掲載がメインの『リクナビ』とはそこが異なります。
一方、人材紹介業として『リクルートエージェント』と被りますが、ターゲット層が大きく異なります。
実績と経験のある人物が望ましい『エージェント』に対し、『就職Shop』では経験の少ない20代を幅広く歓迎します。
社会人未経験の方でも大丈夫です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました