転職に際して成功させる条件とは

転職についてのアドバイス
Couleur / Pixabay

 

転職を成功させる条件とは、これが一番難しい

以前のブログで、朝、仕事に行きたくない人は、会社を辞めることもひとつの選択肢ですよということをお話しました。

簡単に、今の仕事をやめて、また別の仕事を探せばいいということなんですが、転職をするに際して、これだけは、知ってもらいたいということがあったので、今日のブログで、書いていきたいともいます。

自分が何をやりたいのかをはっきりさせる

転職で、一番大事なことなのですが、いざ転職をしようと思い、次の仕事を探す場合、一番大事なことは「自分が何をやりたいか」ということなのです。

一番大事なことなのですが、これを探すために転職をしているようなものなので、「これがわかったら苦労せんわ」といわれるかもしれません。

確かに、私自身、転職を何度も繰り返したのは、私自身のなかに、何になりたいのか、何をしたいのかということが、全く見えていなかったからなのです。

もし、「何がやりたいのか」がわかれば、その「何か」を実現できるための企業を探せばいいのです。

転職はこんな風に考えることもできます

あなたが大企業に勤めていて、いやいや毎日を過ごしていたとします。確かに、給料や福利厚生、休日も週休二日と他人からすれば、そんな素晴らしい会社にお勤めで、お幸せですね・・・といわれるかも知れません。

しかし本人にとっては、いやいや仕事をしているのです。

転職をして、小さな中小もしくは零細企業に入りました。

周りの人たちは、給料も下がり休みもなくて、転職は、失敗でしたね・・・と思うかもしれません。

しかし、本人にとっては、やりたい仕事であり、やりがいのある仕事なのです。

今以上に、生き生きと仕事をし、休日までも出勤をして頑張れるほど、素晴らしい仕事なのです。

本人にとっては、念願がかなったわけですから、転職は大成功なのです。

周囲が感じている転職と、本人が感じている転職には、大きなギャップがあることも確かなのです。

転職は自分の価値観で決めてください

このように、やりたいことが、はっきりと決まっていれば、自分の価値観で会社を選ぶことができます。

新卒のとき、会社を選ぶ基準であった、上場しているかどうかとか、従業員数、売上高、資本金、知名度など、世の中の価値観であって、そのようなことを気にしているとまた失敗してしまいます。

それよりも自分の価値観をしっかりと持って、転職に向かっていけば、より明るい未来が待っていることでしょう。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました