ブログは読まれてこそ価値が出る

ブログは何のために書く

私も最初はそうだったのですが(今もそういう感じなのですが)、ただただ、毎日の出来事を書き綴っていく感じでした。

別に誰に見られるわけでもなく、ただ単にブログというものが珍しくて書いていました。そのうちブログで人生が変わったとか、ブログで稼げたという人のブログを読むようになり、ブログでも稼げるんだと思うようになりました、それからいろいろと調べるようになりました。

私は、ブログを書く目的は、何でもいいと思っています。

ある時は楽しかったときの事を、他人に自慢したい時もあれば、辛い時、人に慰めてほしい時なんか、そのときの気持ちをそっとブログにしたためました。

また辛い時は、そのときの辛さを忘れないようにブログに書きました。

そうやってブログを書き続けると、どこかで誰かかが見ているものなんです。

書く目的は、本当に何でもいいんです。

しかし、ブログを多くの人に読まれはじめると、そこには更なるステージが待っています。

そのステージは、いままで味わったことのないものでした。

 

誰かに読んでもらえれば・・・

誰かに読まれはじめられたら、そこで商品を売ることもできるし、広告を貼ることで収益が発生するのです。

今までと何もかわらず、ブログを書くだけで、お金を生むのです。

そのうちに自分自身にブランドが作られます。知らず知らずのうちに。

そうなれば、後はそのブランドを利用して信用、信頼を得るだけです。

 

どのようにして読まれるのか

あなたのブログにどのようにしてたどり着くのでしょうか?

まずは、グーグルやヤフーなどの検索サイトからの流入です。同じ趣味、興味の方々があなたのブログを見に来ます。

検索で上位に掲載されないとなかなか検索からの流入は難しいでしょう。検索に引っかかるためには、時間とちょっとしたテクニックも必要のようです。また競争も激しいのも検索サイトの特徴です。

次にSNSを使った集客です。ツイッターやフェイスブックなどです。ただし身元を知られたくない人は、別のアカウントを作成して、拡散させる人もいるようです。

さらに他サイトで紹介されたり、知人による拡散でブログのアクセス数が増えるでしょう。ブログのランキングサイトなどに登録したり、ブログサークルへ登録して、お友達を増やし、お互いリンクをはってもらったりして協力し合い、アクセス数を伸ばすことができます。

このように読者がブログにたどり着く経路はたくさんあり、それぞれに対策をしていたほうがいいでしょう